インプラント矯正ならさわだ矯正歯科まで【京都】

お電話でのお問い合わせはこちら 0120-8020-18 / 075-958-2135
電話する

インプラント矯正インプラント矯正

インプラント矯正とは

アンカースクリュー(ネジ)を
使用した最新治療法

アンカースクリューは、元々骨折した箇所の固定用ネジ止め金具として使用している製品です。
それを新たに矯正治療用として開発、製品化したものです。
材質はチタン合金、直径二ミリ弱、長さ8ミリ程度のネジです。

アンカースクリューを利用した矯正治療が開発されて、従来の矯正治療ではできなかった矯正治療が可能となりました。従来は、歯を奥に移動したり、根の方向へ埋めるように動かすことは困難でした。
しかし、このネジが開発されて自由自在に歯の移動がコントロールできるようになりました。
これをインプラント矯正と呼びます。
ネジを利用すると、出っ歯を引っ込めたり、前に寄ってデコボコになっている歯列を後ろに移動して歯を抜かずに治療したり、前歯がかみ合ってない場合も奥歯を縮めて前歯がかみ合う治療が可能となりました。
これはすごい進歩です。

アンカースクリューと見えない装置の併用

当院では、アンカースクリューと大人のブラケット装置を極力つけない治療を併用し、ある程度までは、ほとんど見えない装置で治療を行っています。ブラケット装置をせずとも満足されるケースが多数見受けられるようになってきましたが、さらに追求して治したい方はブラケット装置をしています。
そして、最後は安定をみて長期に渡る健康な歯並びをお約束しております。

ブラケット装置を
つけないので、
周りに気づかれず
治療が可能です!

大人のブラケット装置

○部分がアンカースクリューです。
アンカースクリューを固定源にすることで、自由自在に歯の移動がコントロールできるようになりました。
また、写真のように歯の裏側につけるようなほとんど見えない装置で気づかれにくい矯正治療が可能です。

ネジは治療が終われば抜き取ります。骨は元通りできます。
傷も1日で分からなくなります。

「ほとんど歯を抜かずに済むのも
アンカースクリューの特徴です」

当院では、インビザライン・アソアライナーといった外注のアライナーを使わず、院内技工で製作したマウスピースタイプのアライナーを使用しています。オリジナル矯正装置とアライナーを組み合わせることで歯の移動を行い、目立たず治療することが可能です。オリジナル装置を併用する手法は当院独自のノウハウでしか行えず、目立たず治療したい人には最適です。

  • Before

    After

    見えない装置使用/非抜歯

    32歳女性。受け口とガタガタを見えない装置とアンカースクリューで治しました。治療期間は3年です。

  • Before

    After

    見えない装置使用/非抜歯

    11歳女の子。前歯が噛みあっていません。開口と出っ歯を見えない装置とアンカースクリューで治しています。※現在治療中

  • Before

    After

    ブラケット装置使用/非抜歯

    41歳女性。八重歯とガタガタを通常のブラケット装置とアンカースクリューで治しました。 治療期間は2年半です。

治療に興味がでてきたら
お気軽に資料請求・お問い合わせを!