出っ歯と前歯で噛めない開咬・22歳女子【T.W様】

お電話でのお問い合わせはこちら 0120-8020-18 / 075-958-2135
電話する

症例紹介症例紹介

▶ 出っ歯と前歯で噛めない開咬・22歳女子【T.W様】
初診時年齢 19~29歳(女性) 主訴 前歯で噛みちぎれない
診断名 叢生、上顎前突、開咬 装置名 マルチブラケット装置
歯科矯正用アンカースクリュー
抜歯の有無 非抜歯 治療期間 1年10ヶ月
費用の目安 640,000円 ブラケット・ワイヤー 付けて治した
特徴
  • 口が開いていることが多い(口呼吸・鼻炎)
  • 上の歯と下の歯で舌をはさむ癖がある
状態
  • ガタガタ・でこぼこに生えている(叢生)
  • 出っ歯(口元が出ている/上顎前突)
  • 前歯で噛めない(開咬/オープンバイト)
リスク
  • 歯体移動により歯肉、歯槽骨、歯根が減少することがあります。
  • 装置により口腔内粘膜を傷つけることがあります。
  • 矯正治療中装置が破損することがあります。
  • 上記の装置は、完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

コメント

1.主訴 出っ歯と前歯で噛めない開咬
2.診断名あるいは主な症状 叢生、上顎前突、開咬
3.年齢 25歳
4.治療に用いた主な装置 マルチブラケット装置、歯科矯正用アンカースクリュー
5.抜歯部位 無し
6.治療期間 1年10ヶ月
7.治療費 《 料金表 》
8.リスク・副作用
 歯体移動により歯肉、歯槽骨、歯根が減少することがあります。
 装置により口腔内粘膜を傷つけることがあります。
 矯正治療中、装置が破損することがあります。
---
前歯で物を噛みちぎる事が苦手で、集中すると前歯の隙間によく舌を押し当てていました。

<上顎前突と開咬>
治療は非抜歯でマルチブラケット装置と歯科矯正用アンカースクリューを使用しました。
上顎臼歯を遠心移動と同時に圧下、下顎臼歯も遠心移動しました。
臼歯の圧下により下顎骨が反時計回りに回転し、垂直的な顎関係は改善しました。

舌癖の改善や、よく噛み、噛み締める事を意識してもらい、術後3年経つ今でも噛み合わせは安定しています。

  • 初診
  • 治療終了後

初診

画像スワイプで治療経過が確認できます。

治療終了後

画像スワイプで治療経過が確認できます。

治療に興味がでてきたら
お気軽に資料請求・お問い合わせを!