舌側矯正(歯の裏側に装置)ならさわだ矯正歯科【京都】

お電話でのお問い合わせはこちら 0120-8020-18 / 075-958-2135
電話する

舌側矯正(歯の裏側に装置)舌側矯正(歯の裏側に装置)

周りに矯正治療を気付かれない!

歯の裏側にマルチブラケット装置をつけて治療する方法をリンガルブラケット矯正法・舌側矯正(歯の裏側に装置)といいます。上顎・下顎ともに歯の裏から装置をつけるため、周りに気付かれずに治療を進めることが可能です。上顎のみに舌側から装置をつけて、そもそも見えにくい下顎には表側の装置をつけるハーフリンガルという方法もあります。舌側からの治療は難しく、通常の矯正よりも来院頻度が高くなりますが、むし歯になりにくい、舌癖防止といったメリットがあります。
(※リンガルとは舌側という意味です)

下の歯の裏側について
いるのがわかりますか?

舌側矯正(歯の裏側に装置)のメリット・デメリット

メリット デメリット
矯正していることが周りに気付かれない 表側の装置と比べ
て費用が高額
むし歯になりにくい 調整中の開口が
つらい
舌癖防止・治療後
の後戻り防止
慣れるまで
発音しにくい

舌側矯正(歯の裏側に装置)には、メリットがある分、デメリットもありますので気になることはご遠慮せずにご相談時にお聞かせください。

患者さんの状態によっては
マルチブラケット装置をつけずに矯正治療も!

患者さんの不正咬合の状態によりますが、当院独自のノウハウでマルチブラケット装置をつけずに
リンガルアーチと歯科矯正用アンカースクリューを併用した一期治療で治療できる場合があります。
費用も安く周りに気付かれずに治療できるのが最大の魅力です。当院が基本的に目指す治療は
「できるだけ歯を抜かずにマルチブラケット装置をつけずに」です。
(※マルチブラケット装置とはこのような装置です)

舌側矯正(歯の裏側に装置)の症例写真でイメージしてください

当院で舌側矯正(歯の裏側に装置)を行った患者さんの症例を何例か紹介しますのでご確認ください。

上顎前突 / 成人 / 歯を抜く治療

症例情報:①主訴:出っ歯 ②診断名:上顎前突 ③年齢:28歳 ④治療に用いた主な装置:リンガルブラケット矯正装置 ⑤抜歯部位:上下左右4番 ⑥治療期間:2年4ヶ月 ⑦治療費:費用ページへ  ⑧リスク副作用:下部に記載

施術前

矯正器具

施術後

下顎前突 / 成人

症例情報:①主訴:受け口 ②診断名:叢生を伴う下顎前突 ③年齢:36歳 ④治療に用いた主な装置:マルチブラケット装置、リンガルブラケット装置 ⑤抜歯部位:非抜歯 ⑥治療期間:2年6ヶ月 ⑦治療費:費用ページへ ⑧リスク副作用:下部に記載

施術前

矯正器具

施術後

叢生 / 成人

症例情報:①主訴:歯のガタガタ ②診断名:叢生を伴う過蓋咬合 ③年齢:30歳 ④治療に用いた主な装置:マルチブラケット装置、リンガルブラケット装置 ⑤抜歯部位:非抜歯 ⑥治療期間:2年2ヶ月 ⑦治療費:費用ページへ ⑧リスク副作用:下部に記載

施術前

矯正器具

施術後

【リスク・副作用】
※歯体移動により歯肉、歯槽骨、歯根が減少することがあります。装置により口腔内粘膜を傷つけることがあります。矯正治療中、装置が破損することがあります。
※完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

治療に興味がでてきたら
お気軽に資料請求・お問い合わせを!